French フレンチ

February 28, 2015

FSN Bar Open again! FSN バー 待望の再開!

FSN2フランス人Philippe さんの 「FSN Bar」が、街に戻ってきました!

場所は、六角通り河原町 西入北側の「六角テラスビル」3F。
目印は、1Fのオールデーズライブハウス「American graffities」です。

今までよりも更にスペースが広く、大きなガラス窓の向こうにはテラスもあります。

内装はもちろん、 アーティストでもあるPhilippeさんが友人の協力を得て改装したもの。
以前のFSNの面影を残しつつ、以前よりも明るい目の店内に仕上がっています。

テラス部分の工事はこれからだそうですが、町中であるにも関わらず、ゆったりとした雰囲気のお店です。全ての工事の終了が楽しみです。

今回はライブスペースも完備。FSN 1
毎週水曜には、ライブも始める予定とか。

もちろん、ベジタリアンにとっても安心なフランスのお惣菜もあります。
ただし、お店が広くなってもカウンター内には基本的にPhilipeさん1人なので、しっかりとしたお食事はいただけません。あくまでもバーがメインです。

母語のフランス語の他、英語と日本語を自由に操るPhilippeさん。
店名のとおり、店内では国境を越えた交流も繰り広げられています。

The owner,Philippe speaks French, English and Japanese.
It's a vegetarian friendly bar.

Vegie menu:
× 100% Vegan
× 100% Vegetarian(Inc.Vegan menu)
○ Vegan menu
× Raw food
× 100% Vegetarian
○ Vegetarian(Inc.Daily,egg)
× Vegetable dish(Inc.fish broth)
× Vegie sweets
× Raw sweets
× Non vegie menu
× Non smorking

FSN3Data
店名:FSN Bar
TEL :   090-5064-0642
営業:火(Tue)〜日(Sun) 19:00-25:00
休日:月(Mon)
住所:京都市中京区木屋町通六角西入ル
           山町236六角テラスビル3F
            3F Rokkaku terrace Bldg, 236 Yamazaki-cho,
            Kiyamachi-dori-Rokkaku Nishiiru, Nakagyo-ku,
            Kyoto




大きな地図で見る

mkawaharada at 22:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

January 31, 2015

Little Heaven リトルヘヴン

東京から引っ越してきた隠れ家ヴィーガンレストラン

リトルヘヴン8京福電車(通称「嵐電」)「帷子ノ辻」駅から徒歩数分の三条通沿いにひっそりと佇む、アレルギーを持つ人にも優しいレストランです。

現在のところ、夜のみ、予約のみの営業となっていますが、お店のブログを拝見すると、どうやら2月からランチ(2000円)も始まるようです。

夜間のメニューは5,000円と 6,000円の2種類で、フレンチスタイルのコース料理です。
6,000円のコースは、5,000円のコースに「野菜寿司」の盛り合わせ(!)が加わるとのこと。
本当は野菜寿司もいただきたかったのですが、何せコース料理のボリュームがわからないため、とりあえず今回は野菜寿司なしの5,000円のコースをいただくことにしました。

リトルヘヴン21月のコースは、最初の自家製とろとろ雪塩豆腐と蕪、野菜のテリーヌの湯葉巻きに始まり、前菜、スープ、自家製パン、サラダ、メイン、デザート2皿で4種類、ドリンクと続きます。(掲載写真は、一部順不同。)

最初の一皿の盛りつけは和風で、新年らしさが漂います。

料理に使用されている食材は植物性のみ。肉や魚、乳製品やはちみつ、それに白砂糖も使用されていないそうですが、湯葉や麩、豆乳等がうまく活用されており、同じ食材を使っていても、調理の仕方によってこんなに変わるのかと驚かされます。器や盛りつけも凝っていて、味だけでなく目でも満足させてくださいます。

自家製パンの味も良く、勧められるままにパンのおかわりをいただきました。

リトルヘヴン7そして、丁寧に仕上げてある、野菜のテリーヌにも感激です。

メインは、湯葉のカネロニ風。パリッとした湯葉の皮の内側にはしっかり具がつまっています。

スイーツも盛り合わせになっており、私たちにとっては、このコースで十分お腹が満たされました。

食事のお供には、珍しい日本産オーガニックビールやビオワイン、オーガニックティやハーブティ等が揃っています。ボトルワインの価格も3,000円程度で、とてもお値打ちです。


リトルヘヴン3
お店はもともと東京で営業されており、縁あって京都へ移って、昨年10月に開店されたそうです。

嵐山からも京福電車で10分程度の距離で、近所には東映太秦映画村広隆寺もあります。
アレルギーの他、グルテンフリーにも対応していただけるとのことなので、食養生中の方や、この周辺に来られる観光客や役者さんたちにとっても、嬉しい存在です。

ただし、間口はそんなに広くないうえ、ちょっと玄関が奥まっていて、うっかりすると通り過ぎてしまいます。


リトルヘブン5看板を目印に、探してみてくださいね。松竹京都映画撮影所のすぐそばです。

This is a fantastic Tofu and Yuba based vegetarian French restaurant.

Set lunch menus are; Veggie burger, Pasta, Pizza and so on.

I recommend you to book a course menu rather than the Set lunch.

Organic wines there are quite reasonable (About 3000 to 5000 yen per bottle).

 
 Prefix menu only.
(Lunch:2,000yen, 3,500yen, Dinner :5,000yen & 6,000yen plus tax.)
A few minutes walk from Keifuku Katabiranotsuji Sta.(Near the Shochiku Kyoto film studio)

Their business day is irregular. So, It's better to call them a few days before you go, to make sure it
s open, and book your sheet. They will take a reservation for dinner, too.  

Vegie menu:
○ 100% Vegan
× Raw food
× Vegetable dish(Inc.fish broth)
○ Vegan sweets
× Raw sweets
× Non vegie menu
○ Gluten free(Upon your request)
× White sugar
○ Organic beer,Bio wine

Data
店名:Little Heavenリトルヘヴン6
TEL :   075-777-2500
営業:Lunch 12:00-,Prix fixe menu 13:00-
            Pre reservation required
休日:不定休 Not desided
住所:京都市右京区嵯峨野開町8−29
            8-29 Hiraki-cho,Sagano, Ukyo-ku,Kyoto
URL :  http://ikuranet.chu.jp/heaven/index.html

リトル ヘヴン ( 帷子ノ辻 / 西洋料理その他 )
★★★★4.0
supported by ロケタッチグルメ



大きな地図で見る

mkawaharada at 22:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

June 25, 2014

Bistro La Fourchette ビストロ ラ フルシェット

素材にこだわったシンプル べジタブルフレンチラ フォルシェット3

たった8,9席ほどの,カウンターのみの小さなお店。オーナーシェフお一人で切り盛りされています。
以前は,美山野菜をふんだんに使ったオーガニックビストロでしたが,昨年以来肉も魚も使用しないオーガニック野菜だけのフレンチレストランに変えられたとのこと。

使用している調味料は,素材を最大限にひきたたせるため,塩,オリーブオイル,ワインビネガー,レモン汁のみ。調理法もいたってシンプルですが,各料理には野菜の味とうまみがしっかり感じられ、野菜が持つ本来の味のおいしさに、改めて感動させられます。

らフォルシェット2野菜のみならず手作りのパンも美味です。時間をたっぷりかけて生地を寝かせて作られたパンは,味わい深く,オリーブオイルと良く合います。

それも,おかわり自由!但し,パンをいただきすぎると後に続く料理が入らなくなるので,用心が必要です。
また,フレンチではありますが,クリームチーズのような手作り豆腐も供されていて,こちらも絶品です。

パスタランチを除いては完全予約制ですが、当日の予約も受け付けていただけます。

夜は4200円,5000円,7000円の3種類のコース(税別)のみ。
4200円の基本コースは,前菜,サラダ,焼き野菜,スープ,温野菜,パン,デザート,ドライフルーツ,コーヒー又は紅茶。その他のコースにはパスタやリゾット,ピザ等が加わります。基本のコースだけでも充分ですが,野菜だけでは物足りない方にはその他のコースをおすすめします。

ラ フォルシェット地下鉄烏丸御池駅から徒歩数分の距離ではありますが、間口がとても狭いので、気づかずに通りすぎてしまうかもしれませんね。

As far as I know,this is the tiniest (vegetarian)French restaurant in Kyoto.
It has only 9 counter sheets, and owner Sheff does everything by himself.
He provides very simple vegetarian French cuisine, with very simple ingredients, but the taste of their vegetables are great!
His home made breads are also fantastic!
And of course, vegan sweets,too.

Reservation necessary(Except a lunch of day-Pasta and bread-). There are only course menu provided for dinner.
If you were lucky, you may manage to reserve the sheet, just before you go.

ビストロ ラ フルシェット ( / フランス料理 )

★★★★4.0
supported by ロケタッチグルメ

Vegie menu:

○ 100% Vegan
× Raw food
○ 100% Vegetarian
× Vegetarian(Inc.Daily,egg)
○ Vegan sweets
○ Vegie sweets
× Raw sweets

店名:Bistro La Fourchette ビストロ ラ フルシェット
TEL :  075-213-3693
営業:12:-14:00, 18:00-23:00
休日:不定休(Not decided)
住所:京都市中京区押小路通両替町西入ル金吹町460住岡ビル1F
           1F Sumioka Bldg, 460Kanabuki-cho, Oshiko-ji-dori Ryogaemachi Nishiiru, Nakagyo-ku,Kyoto
URL:   http://www.la-fourchette.jp/ (In Japanese)



mkawaharada at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

April 12, 2012

Cafe & Dining Amber Court カフェ&ダイニング アンバーコート

Vegie Style Lunch & dinner

P1020043ホテル日航プリンセス京都内にあるフレンチをベースにした、カフェ&ダイニングレストラン。

この春の特別メニューの中に「ベジスタイルランチ・ディナー」があるのを見つけたので、さっそく行ってきました。

今回はランチを頂きました。(2000円,ディナーは3000円2012年5月現在ランチ・ディナー各500円値上がりして,ランチ2500円,ディナー3500円となっています)
2016年1月現在、HPで確認すると、ベジスタイルはディナーのみ表示されています。しかしながら予約の際事前にお願いしておくと、ベジタリアン、アレルギー、ハラル食などには常に対応していただけます。パスタランチだと、オイル系パスタは割合簡単にベジ対応になります。



ランチタイムは11時から。12時頃まではひっそりとしていましたが,12時前後になると広い店内もあっというまに人で埋まって行きます。

メニューは、サラダ,スープ,温野菜,パスタ,パン,フルーツ,ドリンクの7品。野菜は地元大原と静原の農園から直送されてくる新鮮なもの。

サラダ,温野菜ともに春野菜のオンパレードです。

P1020046こちらの写真は温野菜。
いずれも器と盛付けが素敵です。

パスタは、春野菜のペペロンチーノ。菜の花とアスパラガスの緑が鮮やかです。量もしっかりあります。

パンはフォッカチヤ,バゲット等4、5種類の中から選んで好きなだけいただけます。とてもおいしいので、調子にのって食べ過ぎると,パスタが入りきらなくなるかも?!

スープも春野菜を使用!スープストックについては確認していませんが,アレルギーにも対応していただけるとのことです。前もって予約を入れる際に頼んでおくほうが確実ですね。

フルーツの盛り合わせは、食べやすい大きさにスライスされています。他のコースではスイーツバイキングがセットのうえ、フルーツやアイスクリーム,ミニケーキの他,ドリンクもお代わり自由となっており、ちょっとそちらに惹かれますが、せっかくヘルシーメニューをいただいているのですから、がまんがまん。

P1020050特別に凝った一品はありませんでしたが、春のいぶきを感じされるコースです。

「春の特別メニュー」ということなので、ベジスタイルメニューも一時的なものかもしれませんが、今後「夏のベジスタイル」「秋のベジスタイル」「冬のベジスタイル」と続くことを願います。

ホテル日航プリンセス京都は地下鉄烏丸線の四条駅と五条駅のちょうど中間あたりにある高辻通りを烏丸通りから少し東に行った北側にあります。

Vegie menu:
× 100% Vegan
× 100% Vegetarian(Inc.Vegan menu)
○ Vegan menu: Upon your request(Require reservation)
× 100% Vegetarian
○ Vegetarian(Inc.Daily,egg)
○ Vegetarian menu:Upon your request(Require reservation)
○ Halal menu : Upon your request(Require reservation) 

Data
店名:Cafe & Dining Amber Court カフェ&ダイニング アンバーコート
TEL : 075-342-2156
営業:7-11:00、11:00〜14:30、17:00〜21:00
休日:なし
住所:600-8096 京都市下京区烏丸高辻東入ル
   Karasuma-Takatsuji Higasi-iru(North side of on Takatsuji St, East of Karasuma St)
           Shimogyo-ku, Kyoto 600-8096
URL:   http://princess-kyoto.co.jp/restaurant/ambercourt/dinner (In Japanese)

カフェ&ダイニング Amber Court ( 四条(京都市営) / フランス料理 )
★★★☆☆3.0
supported by ロケタッチグルメ



mkawaharada at 22:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

May 10, 2010

Eventail エヴァンタイユ

身体に優しいフランス料理

avacadoエヴァンタイユは京都市北、市中の喧騒とは全く無縁の、緑豊かな住宅街にあります。店内には音楽も流れておらず、いつもよりゆっくりっとした時間が流れているように感じられます。


通常のコースメニューは、A-Cの昼夜各3種類(昼3500-7000円,夜5000-10000円)。魚か肉が選べます。(昼は税サ込みですが、夜は別)その他アラカルトメニューも豊富ですが、特記すべきは上記メニュー以外に用意されている「野菜のコース」(6500円)。生クリーム・バター・動物性脂肪を一切使っていない菜食メニューで、ブイヨンも野菜のものを使用しているとのこと。前日までの事前予約が必ず必要です。

コースはアミューズ、前菜、スープ、メイン2皿、リゾット、パン、コーヒーまたは紅茶、デザートと続きます。食材には季節の野菜がたっぷり使われており、その日の食材の入荷状況によってメニューも変わります。今回は四月におじゃましたので、タラの芽などの山菜のほか、タケノコが主な食材として使われていました。

veg-1st-plate全ての料理に使われているソースやドレッシングは、とても丁寧に作られていて、更に食材の良さを引き立てています。

一皿の量はそれほど大きくはありませんが、皿数が多く、一皿ずつゆっくり味わいながらいただくので、デザートをいただく頃には充分にお腹も満たされます。パンのおかわりも可能。食後のデザートは、ワゴンサービス形式で、何種類もある中から好きなだけ選ぶことができます。

シェフは、糖尿病など食事制限をしている人にも対応できるメニューを勉強中ということで、こちらの要望にも快く対応してくださいました。

potato-bamboo-shoots店内は14、5席で、パーティスペースもあるそうですが、野菜のコース以外でも予約するほうが確実なようです。

Prefixed menu only.There is vegetable course for vegetarian(6,500yen) which require a resevation in one day ahead.

Vegie menu:
☓ 100% Vegan
☓ 100% Vegetarian(Inc.Vegan menu)
○ Vegan menu: Upon your request(Require reservation in one day ahead)
☓ 100% Vegetarian
☓ Vegetarian(Inc.Daily,egg)
○ Vegetarian menu:Upon your request(Require reservation in one day afead)

Data
店名:Eventail エヴァンタイユ
TEL : 075-712-0750
営業:11:30-14:00,17:30-20:30
休日:月曜Mon、第1・3火曜Tue(祝祭日にあたる場合は営業)
住所:京都市左京区岩倉西五反田町1−2
1-2 Nishigotanda-cho,Iwakura,Sakyo-ku,Kyoto
URL:  http://www.eventail.jp/
        (Only in Japanese)

エヴァンタイユ ( 木野 / 創作料理 )
★★★★★5.0
powered by livedoor グルメ



大きな地図で見る

mkawaharada at 00:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

April 09, 2010

F.S.N Bar Frontieres Sans Nations

ワイン、チーズ、そしてフレンチロック

cheese-plateフランス・ブルガンディ地方出身のフランス人、フィリップさんが2010年3月に開いたばかりのベジタリアン・バー。

ブルガンディ周辺産のワインや、故郷から取り寄せるチーズをメインに、フランスのハ−ブ風味が効いたサラダや野菜スープ、ベジタリアンパテ、オムレツ、パンなど、フィリップさん手作りの野菜を中心とした、シンプルながら味わい深い料理がいただけます。魚や肉料理は用意されていません。

あまり詳しいメニューはありませんが、その日入荷している材料と予算、そしてお腹の好き具合に応じて1000円、2000円、3000円くらいのおまかせ料理となります。ワインもボトル1本2500円からと、とてもお手頃。テーブルチャージも不要です。

来日以来外食の度に不自由な思いをしてきたベジタリアンのフィリップさんが、それなら自分でベジタリアンも安心して外食できる店を開くしかないと思ったことがそもそもの始まりとか。料理もふるさとの味をもとにした、彼の創作料理です。チーズと卵を使用しないビーガン向けにもその旨を伝えればある程度可能です。

とはいえ、基本はバーであり、また一人で対応していることもあり、以前紹介した「よらむ」同様、注文してから料理が出てくるまでに時間がかかることもあります。食事を楽しみたいときは開店直後のすいている時間帯に行くこと、もしくはこちら側の時間に余裕のあるとき、できれば2人くらいの小グループで行くことをお勧めします。(あくまでもお酒がメインです。)

kabocha-soup10人も入ればいっぱいになる6畳ほどのとても小さな空間は、「隠れ家」という言葉がぴったりです。内装もフィリップさん自身が手がけたもの。心地よいフレンチロックが流れる中、自分で描いた墨絵や愛用のギターなども飾られていて、さながらフィリップさんのギャラリーです。

窓からは高瀬川が見下ろせ、桜の頃には蕾が膨らみ、花開いていく様子を観察できます。

場所は阪急電車の木屋町北口を出て、西木屋町通りを北へ2、300mほど歩いたところで、以前に紹介した「Cafe La siestaの向かい側です。

→2013年2月に新しい場所に引っ越されました。阪急木屋町南口を出て、西木屋町通りを南へ10m。老舗喫茶店「フランソワ」の北側です。→2015年2月に再度移転されました。場所はこちら


フィリップさんはフランス語の他、日本語と英語も堪能ですので、3カ国語での会話が楽しめますよ。

"Frontiers Without Nations" is a new vegetarian bar opened by Phillipe, whose hometown is in Burgundy, France. Phillipe stocks wines and cheeses from his native region.

As of this writing, the bar doesn't feature a menu proper. Phillipe cooks by the day, according to what fresh vegetables are on hand, and he tries as often as he can to draw on locally grown produce. But always available is a salad dressed with a French herb vinagrette, vegetarian pattees with bread, vegetable soups of one kind or another (we had pumpkin soup), omelets made in the style favored in Burgundy, savory pastries, and so on.

rape-flowers-grilled-peppersThe cuisine is simple and entirely vegetarian (though not vegan). Enter the bar, take a seat, and chat with Phillipe about how much you'd like to eat, what your budget is––say, 1,000 yen, 2,000 yen, 3,000 yen––and then relax and enjoy the food as it comes.

Phillipe does all the cooking and serving; the bar is small and intimate. Bottles of wine start from 2,500 yen, and you may also order by the glass. Additionally, Phillipe keeps a fairly well stocked shelf of liquors and liqueurs, and draft beer is available, too. No cover charges apply.

The windows give out on the Takasegawa canal that runs along Kiyamachi Street, and affords a fine view of the cherry blossoms when they are in season. Phillipe has long been a vegetarian, and, having found it somewhat difficult to dine out in Kyoto, he simply decided to open his own place. Nearly everything he cooks derives from the cuisine familiar to him from his Burgundy upbringing.

The bar, tucked away on West Kiyamachi, seats only some 10 or 12 people, and it is best, if you mean to dine there, to turn up, with a small party, shortly after opening time, around 6:30 or 7:00.

The decor is charming: sumie prints done by Phillipe himself, photographs from his home region, and the like. And listen up, too. The music includes good, fresh, innovative French rock & roll, among other things.

IMG_9043"Frontiers Without Nations" is located 200 or 250 meters north of Hankyu-Kawaramachi Station on West Kiyamachi (right across the lane from an old, familiar hangout, the "A-Bar," and also Cafe La Siesta, about which I have written elsewhere in this web-log).
It's moved to 10 meters south of Hankyu Kawaramachi Station on the South exit of West Kiyamachi since Feb 2013!
Moved again to Rokkaku -Kawaramachi! Re-orpened in Feb,2015!
Dateiles are
here

Data
店名:F.S.A Bar Frontieres Sans Nations
電話:090−5064−0642
営業:18:0019:00〜25:00
休日:月曜日(Mon)
住所:京都市中京区高瀬川筋四条上る紙屋町674−8
河村ビル2F
2F kawamura Buildg, 674-8 Kamiyacho, 
  Takasegawasuji Shijo agaru, Nakagyo-ku,Kyoto

京都市下京区西木屋町通四条下ル真町90−8
90-8 Shin-cho, Nishi-Kiyamachi-dori Shijo Sagaru, Shimogyo-ku, Kyoto


Bar Frontieres Sans Nations ( 祇園四条 / フランス料理 )

★★★★4.0
powered by livedoor グルメ

続きを読む

mkawaharada at 23:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

December 07, 2009

Escare エスカーレ

Menu changed ! No vegie menu at the moment. 
EATING A NATIVE-GROWN KYOTO VEGETARIAN COURSE-DINNER, WHILE GAZING DOWN UPON A FAKE "WEDDING CHAPEL"
ウエディングチャペルを眺めながらいただく京野菜のコース

grilled-fried-veg開店してまだ日の浅いホテルモントレ京都内にあるフレンチレストラン。ヨーロッパのお城の中を想像させるような高い天井、豪華なシャンデリア、大きな窓などが空間にゆとりを感じさせるうえ、窓からは中世の教会のようなウエディングチャペルが見え、ここが京都の街中であることを忘れさせてくれます。

メニューにはノンベジメニューとともに、野菜ランチ「クリマ」(3,500円:税サ込)とお野菜コースのディナー「ラ・ヴェール」(5,000円:税サ込)が用意されて,内容は月ごとに変わります。とはいっても、
予約の際に何も伝えなければ、ソースに肉や魚系のものが使用されることもあるそうで、予約を入れる際に必ず食べられないものを伝えることが大切です。

main-dishお店の方は出来るだけ対応しますとおっしゃてくださいますが、バターや乳製品、白砂糖などを完全に取り除くのは少し難しいかもしれません。

こちらのメニューの特徴は、オーブンでローストされた沢山の京野菜が、工夫を凝らした様々なソースとともに素敵な皿の上に芸術作品のように美しく盛られて出てくることでしょうか。

私たちはディナーをいただきました。一皿の量はそれほどでもないのですが、一品ずつゆっくり運ばれてくることもあって、メインの料理をいただく頃には腹八分目を少し越えるくらいの食欲が満たされました。

食事だけで十分満足し、デザートには特に期待もしていなかったのですが、食事メニューよりもデザートに重点が置かれたメニューなのでは、と思うほど充実していました。

ビーガンではありませんが、大きな皿に盛られたソルベと紫芋のモンブランの他、小さなフィナンシェ、マカロン、生チョコなどボリュームたっぷりのデザートが食後の飲み物に供されるのです。

このコースメニュー全体で、約30種類の野菜が摂取できるそうです。

dessert日常使いにとはいきませんが、ホテル内には日帰り利用できる天然温泉もあり、また交通の便も良いので、疲れた体を癒したいときにちょっと奮発して利用したいお店です。

*残念ながら現在野菜のみのメニューはありません。
予約の際に食べられないものなどについて説明するとある程度対応はしていただけそうです。


This French restaurant is situated on the second floor of the newly opened Hotel Monterery Kyoto on the west-side of Karasuma, in central Kyoto.

The decor (and architecture) is designed to call to mind the splendour of a rather aristocratic European banquet hall. The ceilings are high, the dining room spacious, and through the high windows you will see, as you dine, something resembling a medieval chapel; you may forget that you are in central Kyoto. (But then again, if you are a Westerner, your impression may differ: fake wedding chapels are uniquely Japanese.)

The lunch menu features several different non-vegetarian courses, but there is one course that is strictly vegetarian. The same holds for the dinner menu. Lunch costs 3,500 yen, and dinner, 5,000 (tax included). The menu changes monthly.

It is important to tell the staff beforehand that you are strictly vegetarian, as the "vegetarian course" does, in fact, include some small amount of fish or meat broth in a few sauces; the staff will be happy to rectify this for you with substitutions. However, if you are a strict "vegan" you may have some problems here: there will almost certainly be some small amount of dairy products and also refined sugar in the otherwise "vegetarian" offerings.

One particularly satisfying feature of the vegetarian course is that it features grilled vegetables, carefully arranged on beautiful china, and served with several sauces; it is as if you have had a work of art laid before you. We went for the dinner.

The portions are moderate in size, but as they come, one after the other, at a leisurely pace, you will find yourself quite satisfied at the meal's end.

We had not expected a dessert course, and when it arrived, it quickly became apparent that this restaurant takes great care with its desserts, and that the meal, in a sense, culminates in them.

The desserts we had were not "vegan": a scoop of sherbet, a purple-potato filled mont blanc, and a nicely done petits fours. Accompanying these were small chocolates called, in Japanese, "nama" or "fresh" chocolates, and a macaroon.

The truly special feature of the course, however, is that in it are used some thirty different kinds of vegetables. Inside the hotel also is a natural "hot-spring" spa, which you can use without checking in to the hotel. And as the hotel stands in the center of the city, you may find it a kind of haven.

Vegie menu:
× 100% Vegan
× Veganmenu
× Raw food
× 100% Vegetarian
× Vegetarian(Inc.Daily,egg)
○ Vegetarian menu:Upon your request(Require prior notice)
× Vegetable dish(Inc.fish broth)
○ Non vegie menu
× Vegan sweets
× Vegie sweets
× Raw sweets
× Gluten free(Upon your request)
○ White sugar
× Organic beer,Bio wine

Data
店名 : Escare エスカーレ
Tel  :   075-212-3915
営業 : 11:30-14:30,17:00-21:00
休日 : なし
住所 : 京都市中京区烏丸三条南ホテルモントレ京都2F
2FHotel Monterey Kyoto, South of Sanjoo St,
             On the west of Karaasuma St, Nakagyo-ku,
             Kyoto
URL   :    http://www.hotelmonterey.co.jp/cgi-bin/portal/cms/restplan.cgi?hid=monkyo&code=1510(日本語)
http://travel.wwte1.com/pub/agent.dll/qscr=dspv/nojs=1/htid=1607898(English)
地図(Map)↓

エスカーレ ホテルモントレ京都店 ( 烏丸御池 / フランス料理 )
★★★★4.0
powered by livedoor グルメ

続きを読む

mkawaharada at 00:31|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote