Israel イスラエル

October 31, 2016

Gojo Paradiso 五条パラディソ

ゲストハウスに併設された国際交流カフェP1090186

東本願寺・枳殻邸(渉成園)の東、河原町六条にある市民活動総合センターに行く途中、軽く食事をしながらゆったりできるカフェはないかなと思いながら歩いていて偶然出逢ったカフェ。市民活動総合センターの丁度裏側の高瀬川沿いにあります。

高瀬川を挟んだ店の対岸に立ててある看板には「地中海料理」と書いてありますが、メニューにはパスタやピザ、ハンバーガーの他、ファラフェルやフムス(ひよこ豆のペースト)、チキンシュニッツエルなどイスラエル料理も並んでいます。そして、「ベジタリアン」の項も!

聞くと、オーナーはイスラエルの方だとか。イスラエルから農業資材や工業資材を輸入するとともに、この周辺で空き家になっていた旅館や町家をゲストハウスとして再生・運営されていて、このカフェもゲストハウスの機能の一つなのだそうです。

P1090188ランチ時は夜の単品メニューの料金が少し安い設定。270円でジュース類が選べます。何故か選択肢の一覧にコーヒーはなく、別途300円が必要でした。

私は迷わずファラフェルのピタサンドを注文。
大きなピタパンを半分に切って、それぞれにファラフェルが3個づつ、計6個。野菜はキャベツが入っていました。量もファラフェルの味も大満足です。

ランチタイム終了間際に駆け込んだところ、先客は1名残っているのみ。でも快く受け入れていただけました。

ドリンクは、コーヒーや紅茶の他、ジュース類も色々あります。アルコール類に至っては、ほぼ何でもあり。だいたい500円くらいから揃っていて、中にはイスラエルビールや、イスラエルワインも!昼飲みも可。

メニューは発展中とのことでしたが、寄せていただいた頃の夜には、ステーキからパスタ、ピザ、おつまみまで幅広く揃っていました。今後どんなメニューが揃うのか楽しみです。

珍しいイスラエルメニューを除くと、食事もできて気軽に飲めるパブと居酒屋を足して二で割ったようなお店。ベジタリアンメニューは、サラダ、パスタ、ファラフェル、ピザ(チーズあり)と、至ってシンプルです。
 
某飲食店情報サイトに出ている広告によれば、飲み放題付きで3,000円くらいからの宴会メニューも注文可能とのこと。オーナーさんがイスラエルの方だからか、食事中に見かけた店の奥のゲストハウス宿泊客の殆どは外国からの方でした。 従業員の方も外国の方で、純和風の店の外見からは想像もつかない異空間です。

P1090181店名は、以前この周辺一帯が「五条楽園」と呼ばれていたことに由来します。お茶屋さんやカフェ、遊郭があったのですが、2011年にお茶屋組合が解散。それ以来閑散とした空気が流れていましたが、最近は昔の建物を改装したゲストハウスや雑貨店、居酒屋、バー等が少しずつ増え、昔の風景を残した町並みとして観光客にも人気を集めています。

外国人の店員さんたちは、英語と、片言の日本語でやさしく対応してくれます。

英語で会話をしてみたい方にも喜ばれそうですね。

メニューは、もちろん日英バイリンガルで用意されています。

Vegie menu:
× 100% Vegan
× 100% Vegetarian
○ Vegan menu
○ Vegetarian menu
× Raw food
○ Vegetarian(Inc.Daily,egg)
× Vegetable dish(Inc.fish broth)
○ Non vegie menu
× Vegan sweets
× Vegie sweets
× Raw sweets
× Gluten free(Upon your request)
× White sugar free
○ Organic beer,Bio wine

店名:Gojo Paradiso 五条パラディソ
TEL :  075-584-4188
営業:8:00-11,11:00-1400,18:-23:00
休日:不定休Not fixed
住所:京都市下京区聖真子町169-1
           169-1,Shoshinji-cho, Shimogyo-ku,Kyoto 
URL:   http://gojoparadiso.jp/ja/ (In Japanese)
           http://gojoparadiso.jp           (In English)
           


mkawaharada at 22:48|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

October 02, 2010

Falafel Garden ファラフェル ガーデン

本場イスラエルの味

IMG_0074「ファラフェル」とは、茹でたひよこ豆をつぶしてペースト状にしたものにスパイスを混ぜて団子状にし,素揚げしたもの。中近東の国々で古くから食べられてきました。日本ではまだまだ馴染みが薄い食べ物ですが,欧米のベジタリアンの間では定番メニューの一つです。

ファラフェルは一般的には「タヒ二」と呼ぶ胡麻ペーストや野菜とともにピタパンに挟んで「ピタサンド」としていただきます。そのまま野菜とご飯とともにいただくことも可能です。

ピタサンドのうち,ファラフェル,フムス(ひよこ豆のペースト)、ババガヌッシュ(ナスのペースト)などは肉・魚・卵・乳製品・砂糖不使用です。チキンを使ったカバブやシュニッツエルなどのメニューもあります。

ピタパンサンドのMサイズやLサイズは結構ボリュームがありますが,色々なメニューを一度にたくさん味わいたい方にはプレートセット(1800円)がお勧めです。

食材にもこだわり,野菜は主に店主自身が育てたものを使用し,オーガニックコーヒー,イスラエル産のオーガニックビールなどもあります。又,2Fには子供連れの方用にキッズルームも!

オーガニックドーナッツや中近東の代表的なお菓子「バクラヴァ」なども揃い,カフェ使いも可能です。

叡電出町柳駅,もしくは京阪電出町柳駅7番出口を出て東に約2分歩いた右手,南側にあります。

Falafel is still not very widely known in Japan, notwithstanding the popularity of this Mediterranean dish in other parts of the world. The Falafel Garden offers falafel served in the familiar way, in a sandwich made from half of a round of pita bread, with tahini, lettuce, tomatoes, etc.

You may also order falafel alone as a side dish. The menu here includes hummus and baba-ganoush, both as side dishes and in sandwiches made, again, from pita bread. The menu is chiefly vegetarian, but any non-vegetarians amongst your party can order a shish-kabob or, quite surprisingly, a kind of German schnitzel.

The cafe favors organically grown vegetables and serves organic coffee, an organic beer from Israel, and, for dessert (again, somewhat surprisingly) a doughnut made from organic flours and organic sugar.

Children are welcome here, so feel free to bring the whole family. The Falafel Garden is a few minutes away, on foot, from Keihan Demachiyanagi Station and Eizan Station (slightly northeast of where Imadegawa Street crosses the Kamo river and intersects Kawabata Street).

(日英バイリンガルメニューあり。Jan/Eng bilingual menu provided)

Vegie menu:
☓ 100% Vegan
☓ 100% Vegetarian(Inc.Vegan menu)
○ Vegan menu
☓ Law food menu
○ Vegetarian menu
○ Non vegie menu

Data
店名: Falafel Garden ファラフェル ガーデン
TEL :075-712-1856
営業:11:00-20:30
休日:無休
住所:2014年4月28日より叡電出町柳駅北側に移転しました!
   左京区田中上柳町15-2
          They moved to the north side of Eiden DemachiyanagiSta from April 28th,2014!
          New addreddess is :
     15-2,Kamiyanagi-cho,Tanaka, Sakyo-ku,Kyoto

         京都市左京区田中下柳町3-16
         3-16 Shimoyanagi-cho, Tanaka, Sakyo-ku, Kyoto

URL   http://www.falafelgarden.com/index2.html(JAP)
        http://www.falafelgarden.com/english/index.html(Eng)

Falafel garden ( 出町柳 / カフェ )
★★★☆☆3.0
powered by livedoor グルメ



mkawaharada at 23:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

October 01, 2009

Sake Bar Yoramu 純米酒バーよらむ

Vegan friendly 純米酒バー!

日本語/英語のどちらも流暢にあやつるイスラエル人のよらむさんが一人よらむ1でやっている純米酒のみのバー。酒屋の店頭でさえ見たこともないような数十年ものの古酒など、珍しい純米酒が日本各地から取り寄せられていて、それらがすごく手頃な料金で賞味出来ます。

辛口、甘口などの好みを伝えると、よらむさんが何本かお勧めの酒瓶を出して来て詳しく説明してくれます。店に置いてある酒の殆どが少量生産のとても珍しい銘柄ばかりなので、選ぶのに迷います。そんなときはまず3種類の違う酒が味わえる利き酒セットがお勧めです。

私がこの店で出逢った酒の中で気に入っているのは、紫米や赤米で作ったワインのようなお酒。味もまろやかです。

ここは「純米酒」がメインのお店で、数種類ある梅酒も、とても珍しい日本酒で漬けられたものです。一人で店を切り盛りしているのと、日本酒がメインなので、食事だけいただくことはできません。

でも実のところ、酒のあてがとても美味しいのです。
出来る限り無添加の自然なものを使用して調理するメニューには肉も魚も入っていません。ときには平飼いの卵を使うこともあり、チーズもメニューにありますが、大半はビーガンにも対応しています。

メニューは和とイスラエル料理のよらむ22種類が交じっています。
中でもレンコンいための七味がけ、菊の花の酢漬け、ファラフェル、ババガヌッシュなどは、一皿の量は少なめですが、味は二重丸です。パスタも3種類(ベジタリアン:チーズなし)あって、こちらは量もしっかりあります。また、よらむさんにおまかせして酒にあったメニュー、または、メニューにあった酒を選んでもいただけます。

座席は、カウンターに8人くらい、小さなテーブルに3人くらい。客の少ないときに一人か二人で行くと、よらむさんからじっり日本酒談義がうかがえます。なお、昼間は「手打ちとおる蕎麦」としてよらむさんの友達が営業しています。

Yoramu" is a vegan-friendly, 100% rice sake bar, run by a man (the bar's namesake) from Israel. He speaks fluent Japanese and English.

Here, you may taste rare, 100% rice sake from all over Japan, of the kind you will not find at a liquor store––and all at a reasonable price. Sit down, & simply tell Yoramu what sort of taste you have––dry or sweet, for example––and he will select sakes to suit you, and instruct you in the history and character of each one.

The sakes on offer here are indeed rare and produced in small batches, so you'll not likely find them elsewhere. I recommend that you try a tasting set, which will include three different sakes. My own favorite is a red sake (made from red rice). It's mild. Yoram also makes a hand-crafted blend of ume-shu (Plum wine)and sake, which is quite good.

The food served here is tasty, but bear in mind that "Yoramu" is a sake bar: the food is meant to complement the sake, and it is not a place to go simply for dinner.

And yet the food is itself delicious and 100% vegetarian and organic. For the most part the fare is vegan, but there are dishes with free-range eggs and cheese as well. You will find cuisine from Yoramu's native Israel and also from Japan.

The portions are modest, but the fried lotus root, the vinagered chrysanthemum and the baba ganoush are excellent. On the menu also are three pasta dishes, all vegetarian, and all quite good.

Yoramu will recommend sakes that complement the food you choose, or food for the sake––either way. The bar is small: eight seats, and a few more at a table.

If you drop in when the bar is not busy, you'll get an education in sake, if you like, from Yoram. During the daytime, a friend of Yoram's takes over and bar serves home-made soba. The bar itself opens at 6 PM.

Vegie menu:
☓ 100% Vegan
○ 100% Vegetarian(Inc.Vegan menu)
○ Vegan menu: Upon your request
○ 100% Vegetarian
○ Vegetarian(Inc.Daily,egg)

Data
店 名 純米酒バーよらむ Sake bar Yoramu
TEL  075-213-1512
営 業 水〜土(Wed-Sat) 18:00-24:00
休 日  日、月、火(Sun,Mon,and Tue)
住 所  京都市中京区二条通り東洞院東入る南側
South side of Nijo st, East of Higashinotoin st,
           Nakagyo-ku,Kyoto
URL  http://www.sakebar-yoramu.com/index.html
         (日本語/英語 Japanese/English)

純米酒バーよらむ ( 丸太町(京都市営) / バー・カフェバー )
★★★★4.0
powered by livedoor グルメ


大きな地図で見る

mkawaharada at 23:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote