Note 注記

December 06, 2013

Halal food &Kosher food ハラール食品 &コーシャー食品

海外からのゲストをもてなす方、ホストファミリー必見! ー イスラム教&ユダヤ教の方の食事制限  ー

海外から来られて、ベジタリアンレストランを探しておられる方の中には、ときおり「実は母国では肉も魚も食べるのだけれど・・・。」という方がおられます。宗教上の戒律によるためですが、戒律には食べても良いもの・いけないもののルールがとても細かく規定されています。

日本ではまだまだ馴染みが薄いのですが、その代表的なものには、イスラム教の「ハラル(もしくは、ハラール)」、ユダヤ教の「コーシャー(もしくは、コーシェール、コシェル、コーシェル、コーシャ、カシェル)」があります。

ハラルマークNPO法人日本ハラール協会のHPには「ハラル」について次のように説明がされています。「イスラム法において合法なものの事をハラールといい、非合法なもののことをハラームという。「ハラル」には2つの意味がある。1つはイスラム法で合法であること、もう1つは健康的、清潔、安全、高品質、高栄養価であることである。食肉に関しては血抜きをするため、バクテリアの繁殖を防ぎ、鮮度を保ち、清潔に肉を食する事ができる。加工品や化粧品では原材料にハラールではない成分を含むもの(ポークエキス、ゼラチン、豚脂など)を食品に利用することはできない。

ハラルマークのデザインは国、地域等によって様々。マレーシア国内だけでも30種以上あるようです。共通しているのは画像中央にあるアラビア文字の部分。(画像は一般社団法人ハラルジャパン協会HPより)

コーシャーマークまた「コーシャー」については、コーシャージャパンのサイトに次のような説明があります。
「この食事規定は、旧約聖書(レビ記)の中に記載されており、食する事を禁止されている、食材及び調理方法が示されている。例えば、肉と血を一緒に食べてはいけない。精肉 であれば、血を絞り取った肉でないといけない、などの規定。卵という食材と、鶏肉を一緒に調理してはいけない、などの規定もある。米国では、最も安全な自然食品として、Kosher認証された食品や食材は、ユダヤ教以外の人にも愛され、安全な食生活をおくる為には必須となっている。」

コーシャーマークも、国や地域によってデザインが異なります。こちらは、デザイン間に殆ど共通点はないようです。比較的よく見かけるのは、◯の中にUやKの字が入ったもの。(画像はウキペディアより)

あいにく現在のところ、ハラル食品・コーシャー食品を専門に扱うお店はごく限られています。(ネット通販店も、少数ですがあります。各団体のHPやハラルフード・食品、コーシャーフード・食品で検索してみてください。)

ところが、日本で手に入る輸入食品のパッケージを注意して見ると、遠慮がちにとても小さいサイズのハラルマークやコーシャーマークが入れられている製品が、意外とたくさん見つかります。最寄りの輸入食品店、デパート、リカーショップ、スーパー等で探してみてくださいね。袋の端にマークが小さく印刷されていることもありますよ。皆さんにも思い当たる記憶はありませんか。

コーシャージャパンのサイトには、日本で見かけるコーシャー食品・食材のリストも掲載されています。

ときにはハラルとコーシャー両方が一緒に表示されていることも!カレー
先日近所の業務スーパーで「100%Vegetarian」とパッケージに記された、手頃な価格のレトルトカレーを見つけました。

よく見ると、その標記の横にはハラルとコーシャーのマークも仲良く並んでいました。業務スーパーのHPには、なんと店舗で販売しているハラルフードのリストも!(残念ながら一部の商品は関東方面でのみ販売とのこと。必要なものが最寄りの店舗に揃っているかどうか、事前に電話で確認されることをおすすめします。)ハラル肉はないけれど,スパイスからオリーブオイル、パスタ、インスタントラーメン、スイーツまで揃います。

手頃な価格でハラル食品が手に入るこのスーパーの存在は、イスラム教の留学生たちにとっても大いに助かる存在です。

「ハラル」「コーシャー」に共通するのは「安全・高品質」という点です。ということは、一般の人が食べるにしても安心な食品ですね。安全な輸入食品を購入するための目安にもなるのではないでしょうか。評判の良いイスラエル製の化粧品や、シリアのアレッポの石鹸、パレスチナのオリーブオイル等が、安全で高品質であるのも、ここに所以があるのでしょう。

最近日本から海外への輸出向け食品に、ハラルやコーシャーの認証を取る企業も出てきていると聞きます。
いつの日か大学の生協やホテルの店舗、観光客のよく立ち寄るコンビニ・スーパー等の一角に、日本食も含めた「ハラル・コーシャー認証食品コーナー」ができるとよいなと思います。特に、イスラム圏からの学生や観光客の誘致を考えておられる経営者の皆さま、ご検討くださいね。

なお、ハラルやコーシャーの食事制限の度合いも国や地域、個人によって若干異なります。
それぞれの食事制限の詳細については、各団体のHPをご参照ください。

*飲食店の皆様へ
 観光庁から「多様な食文化・食習慣を有する外国人客への対応マニュアル」が発行されています。参考にしていただけると幸いです。
https://www.mlit.go.jp/kankocho/shisaku/sangyou/taiou_manual.html

*追記
 京都のハラル食材販売の草分的な存在としては,百万遍にある牧商店が挙げられます。
小さなお店ながら,Halal食品のみならず,世界各国の珍しい食品・食材が手に入ります。(一定の量があれば,滋賀・大阪あたりまで配送可能とか。)冷凍マトン肉もありました。
輸入食品店はどんどん増えていますが,総合的にみてもやはり京都ではここが一番。Kosher食品もあるかも?

Maki Shoten 牧商店
This is the most populer import food shop in town which have been operating over 30 years now.
You can get various halal foods here! They do sell frozen Mutton meet.
You may find Kosher foods,too.

電 話:075-781-3670
営 業:10:00-22:00
定休日:水曜(Wed)
住 所:京都市左京区田中里ノ内町63
    63 Tanaka Satonouchi-cho, Sakyo-ku,Kyoto
http://www.e-shops.jp/local/nsh/5218632025.html (In Japanese)


京都市内にある業務スーパー店舗
The list of Gyo-mu supermarket in Kyoto:
http://www.kobebussan.co.jp/shop/list.php?pref_id=26 (In Japanese)

*You can get several halal foods and some Kosher foods.(Except meat.)

The List of Halal foods you can buy at Gyo-mu(Business)Supermarket
(In English):
http://www.kobebussan.co.jp/english/item/index.php?ic_id=56


mkawaharada at 22:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote