KeifukuKitanoHakubai-choSta京福北野白梅町駅

July 15, 2017

Cafe Frosch カフェフロッシュ

P1100360自家製麹パンがいただける国際交流カフェ
Tasty homemade "Koji"bread 

西陣の元織屋さんの建物を利用した町家カフェ。
北野天満宮千本釈迦堂上七軒のお茶屋街にも近く、随時国際交流イベントを企画されるなど国際交流の拠点ともなっています。

メニューには肉料理が多い中、こちらでの一押しは油、乳製品、卵不使用でヴィーガン仕様の「自家製麹パン」。プロのパン屋さんではないけれど、とにかく美味しいのです!

「小さな麹パンセット」は、それほど大きくはないスライスが2枚と、スープかサラダが選べます。ちょっと小腹がすいいているときにちょうど良い量です。黒ごまペースとをつけていただきました。
水曜と日曜の午後にはパンの販売もあり(取り置きの予約は、前日の昼まで)、自宅で好きなだけいただくことも可能です。

ベジタリアン向けのメニューは、この麹パンを使用したサンドイッチメニューが数種類ある他、おにぎP1100366りセットが注文可能です。乳製品が食べられるなら、クリームチーズを挟んだベーグルもあります。

私が訪問した時点では、まだ店内の席にはベジタリアン用のメニューが置いてありませんでした。
お店の方に、「ホームページのベジタリアン対応メニューを見た」と伝えると快く対応していただけます。

毎週火曜日にはオーガニック野菜の販売もされています。また、お店の奥のスペースではアンティークの販売も!


座敷席もあり、子連れでも大丈夫です。


道路に面した広い窓から、道を挟んで見える公園の緑がほっこりとした気分にさせてくれます。

Menu in English, English speaking staff provided.


P1100367Vegie menu:
× 100% Vegan
× 100% Vegetarian(Inc.Vegan menu)
○ Vegan menu
× Raw food
○ Vegetarian(Inc.Daily,egg)
× Vegetable dish(Inc.fish broth)
○ Non vegie menu
× Vegan sweets
× Vegie sweets
× Raw sweets
× Gluten free(Upon your request)
○ White sugar free 
× Organic beer,Bio wine

店名:Cafe Frosch カフェフロッシュ
TEL : 075-200-3900
営業:土曜(Sat)ー木曜(Thu)9:00-17:00
休日:金曜(Fri)
住所:京都市上京区東柳町557−7
           557-7, Higashiyanagi-cho, Kamigyo-ku,Kyoto
URL:  http://www.cafe-frosch.com/for-vegan-vegetarian(Jpn)
          http://www.cafe-frosch.com/for-vegan-vegetarian-english(Eng) 

mkawaharada at 00:04|PermalinkComments(0)
mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

September 15, 2015

Sakurai-ya 桜井屋

天神さんの脇にある豆腐・湯葉料理店

桜井屋1北野天満宮周辺には、「とうふカフェ藤野」や「とようけ茶屋」など、豆腐料理店が集まっていますが、この界隈で歴史が一番長く、収容人数の一番大きいお店が「桜井屋」で、江戸時代後期からの伝統を受け継いでいます。

伝統あるお店ですが、湯葉丼等の単品から湯豆腐膳や湯葉膳等のメニューは、品数によって1200円から2500円(それぞれ税別)と、案外とお手頃なので、お腹の空き具合と懐具合によって選べます。

25日の天神さんの縁日で、大勢の人でにぎわう中、海外からの友人とともにどこで昼食をいただこうかと迷っているときに、知人とばったり遭遇。その方の案内でやってきました。

天神さんの日はお昼どきはいつも大混雑しているのですが、少し遅い目のランチとなったのが幸いして、大人数にも関わらず、2Fの半個室(和室)で落ち着いた和風の席を確保することができ、お客さまにも喜んでいただけました。

桜井屋2本日は、湯葉あんかけ丼セットを注文。普通サイズのどんぶりの他、湯葉も入った野菜天ぷら、小鉢、胡麻豆腐、漬け物、吸い物等がついていて、1200円(税別)!お出汁は鰹出汁が主ですが、予約時(数名程度なら前日まで、それ以上なら数日前まで)にお願いすればお精進(昆布出汁)での対応も可能です。

食事メニューは昼どきだけではなく、朝10時から午後4時半頃までいつでも注文可能です。
夜も事前に予約をすれば対応していただけるとのことです。

1Fには椅子席もあります。
スイーツや飲み物も本わらび餅やパフェ、豆乳シェークからコーヒーまで幅広く揃っているので、和風喫茶としても利用できます。


Vegie menu:
× 100% Vegan
○ Vegan menu: Upon your request(Require prior notice) 
× Raw food
× 100% Vegetarian
× Vegetarian(Inc.Daily,egg)
○ Vegetarian menu:Upon your request(Require prior notice) 
○ Vegetable dish(Inc.fish broth)
× Non vegie menu
× Vegan sweets
○ Vegie sweets
× Raw sweets
× Gluten free(Upon your request)
× White sugar free
× Organic beer,Bio wine
○ Five pungent roots free :Upon your request(Require prior notice) 


桜井屋3店名:Sakurai-Ya 桜井屋
TEL : 075-464-0810
営業: 月曜(Mon)〜日曜(Sun)
   10:30ー17:00(L.O.16:30)
   17:00ー20:00(L.O.19:00)予約があるときのみ営業
            Require prior reservartion for evening
休日:不定休(Not decided)
住所:京都市上京区御前通り今小路上ル馬喰町885
            885 Bakuro-cho, Onmae-dori Imako-ji Agaru,  
   Kamigyo-ku,Kyoto
URL:   http://www.sakuraiya.com/



mkawaharada at 11:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

October 15, 2010

RakuZen 韓日茶苑 楽Zen

ボリュームたっぷり 韓国薬膳料理

10 grain rice学問の神様,北野天満宮と道を挟んで向かい側にある小さな茶苑。
席は全部で20席くらいでしょうか。

店内にはカジュアルなテーブル席と、韓国の伝統的な民家を思わせるような内装の座敷スペースとがあります。

料理は,NHKで放映された「チャングムの誓い」で主人公チャングムが創作した「青竹ご飯」をアレンジした「青竹十穀ご飯」や,山菜ビビンバ,松の実粥をはじめとした各種の粥,「コンクッス」と呼ばれる大豆スープの冷麺などがいただけます。伝統的な薬食同源の考えに基づいて用意されたメニューに,日本で一般的にイメージする韓国料理の定番の焼き肉は入っていません。肉はキンパ(のり巻き)や,韓国そうめんに,魚系もアワビ粥のアワビと、ピリ辛冷麺に鱈が入っていますが,それ以外のメニューはほぼベジタリアン仕様です。もちろん,化学調味料は使われていません。

飲み物は10種類ほどある韓国伝統茶やジュース、薬用酒の他,ビール,コーヒー,紅茶,アイスクリームなどもあり,喫茶店としての利用も可能です。


gobo今回2人でいただいたのは,「石釜十穀ご飯」(1000円)と「山菜ビビンバ」(850円)。どちらもメニューの写真で見るよりもずっとボリュームがあります。ご飯のメニューにはいずれも、もやしのスープ付き。加えて「石釜十穀ご飯」には白菜,人参,大根などの水キムチも付きます。

「石釜十穀ご飯」は、白米,餅米,玄米,銀杏,黒豆,稗,黒米,栗,松の実,麦,高麗人参,胡桃を石釜で炊き合わせた一品で,塩のみで味付けされているとのこと。しっかり茶碗二膳分はあるでしょうか。ちょっと量が多すぎるかなと思ったのですが,取り皿に取り分け,ごま油と唐辛子,ネギの入った薬味をかけていただくと、どんどん食欲がわき,石釜のへりについたおこげもお茶を石釜に注いでお茶漬けのようにしてきれいにいただいたので、結局残すことなく全て平らげてしまいました。

突出しとして出されたごぼうのナムルも、きんぴらごぼうとはまた味加減が違い,とてもあっさりしています。

「山菜ビビンバ」は半熟卵と、ナムル仕立ての野菜がたっぷり。コチジャンをお好みで混ぜていただきます。こちらも美味で,食が進みます。


食事メニューはどれも疲労回復と体力増強に良いとのこと。身体を癒してくれる食事は至福のひとときをもたらしてくれました。

bi bim bapドリンクメニューの項には「フレッシュ高麗人参ジュース」も!
フレッシュジュースとはいえ,ミルクとフルーツとともに撹拌したミックスジュースで,ほんのり高麗人参の香りもしますが,意外と飲みやすく、疲れている時の疲労回復に最適です。

特にランチタイムの設定はないので,お昼時を逃してしまった時などの食事にも便利です。
毎月25日の天神さんの縁日の際には、混雑が予想されます。
 
This small Korean cafe stands across the street from Kitano-tenmangu Shrine (the one renowned for its monthly open-air market, about which many tourists read in their guidebooks).

"Rak-zen," as the cafe is called, accommodates about twenty. Seating arrangements are divided equally between traditional Korean floor-seating and western-style tables.

The cuisine is not simply Korean; it is based on a special kind of Korean cuisine known for its medicinal and health benefits. On the menu you'll find rice cooked inside of a "cup" made out of a section of blue bamboo, which imparts to the rice a distinctive color and aroma and is considered beneficial to the health(900yen). (Incidentally, tens of thousands of people in Japan became acquainted with this style of cooking rice through a popular Korean TV drama broadcast nationwide.) On the menu also are a vegetarian bi-bim-bap(850yen), several kinds of porridges, and a soy-bean soup.The menu offers explanations of the medicinal properties of the food and, though there are some dishes that include meat, you will not find here what many may expect to find at a Korean restaurant: barbecued meat (or "yaki-niku," as the Japanese would call it). On the whole, the menu is vegetarian friendly and organic (no chemical additives, etc.).

pickled saladAs for beverages, the menu lists some ten different kinds of Korean herbal teas and juices, along with some alcoholic beverages supposed to offer health benefits. Of course, you'll find coffee here, and also ice-cream; you might drop in simply for tea or coffee and refreshment, if you haven't the time or hunger for a proper lunch or dinner.

We ordered the ten-grain, "stone-pot" rice set (the stone rice-pot came piping hot and sizzling:1000yen), and also the vegetarian bi-bim-bap. The servings were generous, larger than we expected. A soup made from bean-sprouts comes standard with every order. Side dishes for the ten-grain rice set included kim-chee (100% vegetarian, which is to say made without fish sauce), and also tofu. The stone-pot "ten-grained" rice itself includes white rice, sticky rice, brown rice, black rice, ginkgo nuts, chestnuts, pine nuts, Korean-grown ginseng, millet, barley, as well as other ingredients. Salt is the only seasoning used in preparing it. But accompanying the rice is chili-oil with scallions, which complements the dish very well.

The bi-bim-bap includes a poached egg, Korean-style marinated vegetables atop rice; on the side is a spicy condiment made of miso (called "kochi-jang" in Korean).

The appetizer was a simple dish made from burdock root seasoned with sesame. The underlying concept of the cuisine is to improve stamina and to refresh the tired and weary.

The cafe does not close between the lunch and dinner hours, so you can drop in anytime the cafe is open (from 10 AM to 8 PM). Prices are very reasonable.

Data
店名 :RakuZen 韓日茶苑 楽Zen
TEL     :  075-465-7530
営業 :10:00-20:00
休日 :火曜(Tue)、但し火曜が祝日,もしくは25日の場合は営業し,翌日が休日となる
住所 :京都市上京区今小路御前西入ル紙屋川町838−6
        オーエムビル1
F
           1F OM Bldg. 838-6 Kamiyagawa-cho,
           Imako-ji Onmae Nishi-iru,
Kamigyo-ku,Kyoto

URL     : http://www.1174.jp/rakuzen_web/index.html

韓日茶苑 楽zen ( 北野白梅町 / 韓国料理 )
★★★★4.0
powered by livedoor グルメ



mkawaharada at 23:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote