Osaka大阪

March 31, 2017

SugiGohei杉・五兵衛

P1100145自家栽培の有機野菜が頂ける元代官屋敷の農園レストラン

切り開かれた丘に並ぶ住宅街を抜け、農地が見えたところを右に曲がると急に里山の風景に変わります。その道を更に上に向かって歩くと前方に立派な構えの和風建築が!

住宅街のすぐそばにあるとは思えないのどかな雰囲気の中にある杉・五兵衛は1972年創業の農園レストラン。
甲子園球場のおよそ2倍と言われる園内には、レストランのほか、果樹園やロバやヤギなどの牧場もあり、四季折々の景色が楽しめます。

またその本館は、代官屋敷(!)と酒蔵を移築したもの。大広間や小間など大小合わせて19部屋の落ちP1100147着いた雰囲気の田舎風の部屋があり、最大200名もの席が確保できる規模の大きなレストランです。

玄関を入ると自園で取れた有機野菜や果物、加工食品等の販売コーナーと受け付けカウンターが見えます。ここでは一部試食も可能!自然有精卵や米粉パンもありました。

農園会席(4,000から 8,000円)は個室でいただきますが、お昼のランチ時限定の農園弁当(2,200円)は、大広間でいただきます。(暖かい季節にはお庭の席も用意されるとか。)

寄せていただいたのは平日のお昼11時すぎ。農園弁当を頂きました。

まずは木のお皿に盛られた料理と米粉の野菜おやきが、そして具沢山の味噌汁が出されます。
野菜おやきはこちらの名物で、中には野菜がぎっしりと詰まっています。(具の野菜は季節によって変わるとのこと)とても美味しいので、テイクアウトも可能なので、家用にも買って帰りました。

P1100155一皿目をいただき終えると、お煮しめのコーナーへ。

出汁には鰹節も使用されており、メニューには肉や魚料理も若干あって、ベジタリアンレストランではありませんが、野菜たっぷりの料理やデザートが並びます。生野菜サラダや蒸し野菜、手作り豆腐等も充実しています。

コーヒーは代金に含まれていませんでしたが、美味しいお茶は無料。こちらでコーヒーをいただく必要はないようにも思います。

夜はコース料理のみ。昼夜ともに予約が必要です。

案内された2階の大広間は、100人くらい入れそうな広さがあります。
大きく取ってある窓からは、庭や農地の景色が一望できます。

有機循環農業を実践されている園内では、味噌作りや野菜作り、野菜や果物の収穫体験等、様々な農業体P1100152験イベントも用意されています。

最寄りの電車の駅からちょっと遠い(JR学研都市線長尾駅からタクシーで8分、近鉄新田辺駅からタクシーで15分)のが難点ですが、ヤギやロバの牧場では、専用のエサが用意されていて、動物たちとのふれあいも可。お子様メニューや授乳室、遊具もあり、子供達にとっても楽しめる場所です。


Vegie menu:
× 100% Vegan 
× 100% Vegetarian
△ Vegan menu: Tofu, Steamed vegie, Baked potetos
× Raw food
○ Vegetarian(Inc.Daily,egg)
○ Vegetable dish(Inc.fish broth)
○ Non vegie menu
× Vegan sweets
○ Vegie sweets
× Raw sweets
× Gluten free(Upon your request)
× White sugar free
× Organic beer,Bio wine

P1100165店名:Sugi・Gohei 杉・五兵衛
TEL :  072-858-0070
営業:11:00-21:00(L/O 19:00)
休日:火曜日(Tue)
住所:大阪府枚方市杉責谷1-951
   1-951 Sekidani, Sugi, Hirakata City,Osaka
URL: http://sugigohei.com
 

mkawaharada at 12:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

April 05, 2010

Belle vue ベルビュー

Chinese super vegetarian menu
健康素食(スーシー)

noodels-2ときおり無性に中華料理を食べたくなることがあります。

いくつかのベジタリアン料理店では餃子やラーメンはいただけるのですが、私が知る限りでは残年ながら、現在のところ京都市内には普茶料理を出す黄檗宗系のお寺以外の場で、本格的な中華料理(素食)をいただけるお店はないようです。

そこで、今回はちょっとお隣の大阪まで足をのばすことにしました。

以前から噂に聞いていた観世音という素食専門店はすでに数年前に閉店になった様子。残念!
現在は大阪にも素食専門のお店はない様子で、今回はメニューに「素食」のあるお店を探しました。

ベルビューは、新大阪駅前のニューオオサカホテルの最上階にあるチャイニーズレストランです。肉や魚を使った料理の他に、薬膳料理や、中国語で「素食(スーシー)」と呼ばれるベジタリアンメニューがあります。

コースメニューはカロリー別に3465円から11550円まで4種類あり、前日までに予約が必要ですが、一品料理のメニューも豊富で、こちらは予約の必要がありません。

一品料理はM(4〜5人前)・S(2〜3人前)・SS(1人前)の3サイズに分かれていますが、1人前の量は案外と控えめです。

konyakku-peanutsメニューには北京ダックからフカヒレスープ、豚肉の甘酢あんかけ、うなぎ、あわび、ハト肉と普通のメニューと何ら変わりませんが、食材は全て野菜・海藻・豆類などが使用されています。

今回注文したのは、干豆腐の和えもの、豚肉の甘酢あんかけ、おきイカの辛子炒め、豚肉の糸切り入り汁そば、焼き飯です。

汁ソバと焼き飯以外は3人でSサイズを注文しましたがメニューによっては2人で取り分けてちょうど良いくらいのものも。干豆腐の和え物は麺を食べているような食感。イカはこんにゃくで、豚肉は大豆ミートで出来ていると言われなければわからないほどよく出来ています。どれも見た目も美しく、またとてもおいしくいただきました。

特に食材へのこだわりはないようですが、前もって予約を入れておく際に伝えておけば、砂糖や調味料などの使用についても対応していただけるようです。

レストランはホテルの最上階にあり、ガラス張りの店内からは新大阪駅や御堂筋などの夜景が見渡せ、映画「ロスト イン トランスレーション」の1シーンを思い起こさせます。

単品メニューには英訳が添えられています。

sweet-sour-pork2Vegetarians in Kyoto often wish to have Chinese cuisine, but about the only thing on offer here is Chinese Buddhist Shojin-Ryori, which can be quite expensive.

However, nearby Osaka has several Chinese vegetarian restaurants, and I tried one of them: "Bellevue," which sits atop the New Osaka Hotel, opposite JR Shin-Osaka Station.

 Bellevue offers meat and fish dishes, and also traditional Chinese medicinal cuisine. But in addition you'll find both vegetarian course menus, and vegetarian dishes a la carte.

 For the course menu, you must make a reservation one day ahead of time, but if you wish to order a la carte, no reservations are needed.

There are four vegetarian course menus, each one arranged to match a particular range of calories, and also price (from 3,465 yen up to 11,550 yen, including taxes and all service charges). A la carte dishes come in three sizes, ranging from medium down to small and "SS" small (which is not enough for one person, but rather more in the way of a sampler).

Don't be surprised when you see "duck" and "eel" and other such animal names on the vegetarian menu; the food is strictly vegetarian, but is shaped and textured to simulate various meat dishes. I ordered mixed bean curd, sweet and spicy friend "pork" (i.e., pseudo "pork" make from vegetarian ingredients), sauteed pseudo "cuttle-fish" in chili sauce, sauteed shredded "pork" (you begin to get the idea), and fried rice.

I went with two other people, so we ordered mostly "S" size dishes, but for some of the dishes the "S" size might best satisfy two rather than three diners. The bean curd had the shape and texture of noodles. The pseudo "cuttle-fish" was made from "konnyaku" (a root vegetable common in Japan). Our "pork" was made from soy. Each dish was as beautiful as it was delicious. Much attention is paid here to presentation, so all your senses will be pleased.

interiorOrganic foods are not a special concern of theirs, but if you phone ahead they will arrange for dishes made organically and without white sugar. The restaurant is walled in plate glass, and as it stands a top the hotel, you'll enjoy a fine view of that part of Osaka. (I was reminded of a striking scene in the move "Lost in Translation.")

Only the a la carte menu is bilingual (Japanese/English).

Data
店名:チャイニーズレストラン&トップラウンジ ベルビュー
          Chinese restaurant Belle Vue
TEL:06-6885-5118
営業:11:00-15:00,17:00-22:00
休日:無休
住所:大阪市淀川区西中島5丁目14−10
           ニューオオサカホテル13F
          13F New Osaka Hotel, 5-14-10,
           Nishinakajima,Yodogawa-ku,Osaka
URL: http://www.newosakahotel.com/bellevue

チャイニーズレストラン ベルビュー ニューオーサカホテル ( 新大阪 / 中華料理一般 )
★★★★4.0
powered by livedoor グルメ



mkawaharada at 00:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote